毎日がEveryday

おもにRISINGPRODUCTIONのオタク

5月の風のYORIさんがヤバかった話

授業中にU.S.A.を大音量で流してしまうことが特技のゆうですこんにちは。さてさて今回はDA PUMPの王子様:YORIさんについての記事になります。それでは早速本題に入りましょう。長くなるぞ…

 

 

 

そもそも5月の風って何?!ってところからの方もいるはずなのでそこの説明から。

5月の風とは正式名称を"RISINGPRODUCTION MENS〜5月の風〜"といい、DA PUMPの所属しているRISINGPRODUCTIONの男性アーティストによるフェスとなっています。昼と夜の一日2公演あり、今年の5月の風は5/5.6にネズミーランド夢の国のおとなりにある舞浜アンフィシアターにて行われました。DA PUMPだけでなくw-inds.やLead、三浦大知さん、BuZZといったもう名前だけで叫びたくなるような方々が出演する……そんな豪華すぎるイベントです!(ちなみに今年は我らがKENZOさんとBeatboxerのTATSUYAさんによるスペシャルセッションも行われました。)

 

そんな中、私は5/5の昼と夜の両方の公演に参戦してきました。

今回は5/5夜公演のお話になります。

 

このときのセットリストはこちら。とくに書きたい曲は太字にしてます。

 

0.Kill it 4 the kidsでのオープニングダンス

1.ごきげんだぜっ!〜Nothing but Something〜

2.SUMMER RIDER

3.U.S.A.

4.Choose you(昼公演/if…)

5.We Can't Stop the Music 

 

 いやーいつ見ても豪華なセトリですね!前置きが長くなりましたがいきます!!!

 

 5月の風のYORIさんがヤバかった話

 

SUMMER RIDERで事件は起きました。ライブでは、途中でISSAさん以外のメンバーが二人組になって踊るところがあるんです。そこでYORIさんはKENZOさんと踊るんです。実は私、DA PUMPの中でのいわゆる"推し"がYORIさんとKENZOさんなんですよ。この2人が一緒になってるだけで心臓もたなくなるのにそれ以上の事件が起きました…

二人組で踊るとき、ちょうどYORI&KENZOのコンビが目の前に来たんです。いや待って…!!!!!とか思ってたら…なんと………

 

 

 

 

 

 

 

 

YORIさん、KENZOさんに向かって手招きしてた。

 

 

 

ヤバすぎでしょ。今をときめくアイドルですらこんなことしないって。本来アイドルじゃないのにアイドル以上にファン喜ばせすぎでしょ………YORIさん半端ないって……、…

 

 

 

 

 

 

そのあと二人ですんごい笑顔で踊ってた。

 

 

 

 ときめくは俺のほうだよ……………………………(伝われ)

 

 

 

 

軽く脳内が混乱しながらも、今話題沸騰中のU.S.A.に!

この日U.S.A.の初披露が行われたのですが、昼公演ですでに観ていたのでなんとなくのノリは掴めている中でのU.S.A.でした!(いいねダンスだけじゃなくてインベーダーもU.S.A.ポーズもなんとなくあーこういうことか!となっていた)

 

イントロの振りかっこよすぎ!!サビも楽しい!とか思っているうちに曲は2番へ。

するとAメロのときの目の前にYORIさんが目の前に!!!!U.S.A.のAメロといえばU.S.A.ポーズ!このときYORIさんはあたかも「U.S.A.ポーズ、みなさんもやってみてください!」と言うような感でした。

せっかくの機会だしやるか〜!!!と思い、いざやることに!このとき、三回目のU.S.A.ポーズでした。

 

さぁ!!!やるぞ!!!!!

 

 

U!

 

 

 

 

 

 

S!

 

 

 

 

 

 

A!

 

 

 

 

 

 

いや待って???YORIさんさ………

 

 

 

 

 

 

 

やってないやん………????

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみにこのあとびっくりするぐらいの王子様スマイルを見せたあと反対側に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

えっあれだけ煽っといて自分はやらないの??!?!いやいや、えっ、しかもそのあとの王子様スマイルて……え………もうそんなの今をときめく超売れっ子アイドルでもこんなことできないよ……見てる側を的確に撃ち落としていくあたりもうこの人はダンサーの枠を越えた最高のエンターテイナーだ…………………

 

 

 

 

改めて、とんでもない(褒めてる)人物を応援しているんだなと実感したあの日でした。

 

ひとことでまとめると………

 

 

 

 

 

YORIさん、半端ないって!!!!!!